ブログ

痴漢される妹系J○激しく喘ぎアソコを湿らせ腰をくねらせ感じる正直な体を徹底調教編

150818_eye

150818_01

150818_02

150818_03

痴漢される妹系J○激しく喘ぎアソコを湿らせ腰をくねらせ感じる正直な体を徹底調教編

 

 

今回は一ヶ月タイミングを見計らい狙い続けた元気な妹系の可愛いロリJ●(おそらくK2)

に密室での痴漢を実行いたしました。

突然の恐怖体験に必死に抵抗しながらも正直に反応しアソコをネチャネチャに漏らす体。

心とは裏腹な感覚に戸惑う姿を

横と下からの2アングルで記録した
大変興奮できる貴重な映像となりました。

今回の子はとにかく悲鳴や喘ぎ声が大きくてかなり興奮出来ます。

いつもと同じ放課後の帰りの時間に待ち伏せしそのまま追跡開始。

その後同じエレベーターに乗り合わせ
この2人だけの密室空間で背後から痴漢実行。

背後から一気に体を押し当てスカートをめくり念願だった白Pに包まれたお尻とご対面。

突然の出来事に硬直する彼女の若くぷりっとした尻を思いっきり鷲掴みすると

硬直していた体がピクッと反応し抵抗を始め

必死に逃げようとするも簡単に押え込まれそのまま一気にその可愛い尻肉を揉みしだきました。

強く抵抗され思わず引っ張りずれた白Pの隙間から

幼いビラビラがはみ出す程に激しい攻防が展開し

互いに荒くなる息づかい。

何度も「きゃっ!いやっ!やめてっ!」 と震えた可愛い声で必死に嫌がる彼女。

しかし止める訳も無くさらに興奮し行為はエスカレートしていきました。

我慢できず手を伸ばし前からも攻めJ●の禁断のアソコにこの指でぐりぐり刺激を与えると、

ついに観念したのか脚をガクガクと震わせ、

まるでさかりのついた野良猫のように腰をクネクネとよじらせ

まだまだ未開発なアソコからジュンジュンと生温かなソレを垂れ流し

これまで聞いた事も無い程に大きな喘ぎ声を出す始末。

とはいえ嫌がる気持ちはまだあるようで彼女の上半身は逃げようと必死にのけぞるも

がっちりホールドされた下半身はその反動でより私の体に密着し

互いの下半身がこすれ合う様子はまるでバックから激しく犯されているかの様な光景になっていました。

そんな非現実的状況に

恐怖でいっぱいの頭と、快楽を感じてしまった身体、

終盤にかけてその困惑の状況から尋常じゃない声をあげ凄い反応を見せてくれます。

その様子もたっぷりお楽しみ下さい。

最終的には伸び上がるように身体をのけぞらせたりで
もはや嫌がっているのか喜んでしまっているのか分からない状態に。

今まで経験した事の無い出来事に

またしてもいたいけなJ○をこの歳でいけない性癖に目覚めさせてしまったかもしれません。

しかしそれでも抵抗は続け、扉が開くと必死に飛び出し逃げて行きました。

私もその場を足早に去り指先に残る彼女の身体から分泌された生臭い臭いが消えない内に帰宅し

余韻をねっとり楽しみました。

もしかしたら禁断の性癖に目覚めた彼女は

同年代の彼氏や友達には満足出来ずまた期待して同じようにあの時間あの場所に

現れているかもしれません。

しかし万が一を考えるともう二度とあの時間帯にあの場所には行けません。

もしかしたらすでに私と同じ様な輩により調教されているかもしれません。

もう会えない事は残念ですが、この映像を残せた事でいつでもあの時の興奮を鮮明に思い出す事が出来ます。

今回も2アングル同時により、
全体と下からの痴漢行為をしっかりお楽しみいただける編集をいたしておりますので
よりも臨場感のある映像となっています。

横アングルからは必死に抵抗する彼女の体の反応が、

下アングルでは尻を散々に弄ばれる様子がよくわかり

同時に見る事によりさらに興奮いただける映像となっています。

音声もあり、彼女の嫌がる声や感じて喘ぐ声が鮮明に楽しめ、
さらなる臨場感でより興奮を感じていただけます。

総じて非情にいい姿が撮れました。

この卑劣映像をどうぞお楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

 

痴漢される妹系J○激しく喘ぎアソコを湿らせ腰をくねらせ感じる正直な体を徹底調教編

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る